パソコンのピンキリ価格と機能に迫る!どれがあなたに合っている?

もし趣味でパソコンをやる、あるいはサイトを作りたい場合は

初心者であってパソコンの操作を覚え、とりあえずメールのやり取りやホームページぐらい作ってみたいという場合があります。
パソコンだけではなくて最小限のアプリケーションソフトも必要になりますし、ウィルス対策用ソフトも必要になります。そこでその買い方としては初心者の場合はトラブルに見舞われた場合にメーカーのサポートが受けられるということでメーカー品がおすすめです。ある程度操作方法も知っている場合には自作パソコンでもいいですし、組みあがったものでも可能です。あるいは余分のパソコンがあればネットオークションにおいて手に入れるという方法も取れます。米国から権利を買い取った中国製のパソコンは価格が安いとされています。

もしゲームやCG、CAD等について感心が大きいときには

パソコンの利用も様々です。プログラミングに興味がある場合や、お絵描きソフトで芸術品のようなものを描いたり、あるいはマンガ家を志すという場合もあります。あるいはロゴマークやドロー系のソフトでイラストを描きたいという場合もあります。最近はDTMの音楽ソフトも手に入りそれを使って作曲したり編曲を行うといった場合もあります。ビデオで動画を撮ってそれを編集し、動画共有サイトにおいてアップロードして楽しむという場合もあります。
そして3次元のCADソフトでは図面を描くと共に3次元のアニメーションを作ることも出来ます。3次元CGソフトがあればアニメーションを作ったりゲームを作たりすることもできます。その場合には処理速度も速く、メモリやビデオカードの内部メモリも大きなものが要求され、性能の良いビデオカードが必要になって来ます。ワークステーションはその点これに特化していますが価格も相当高くなります。